techinfo

技術情報 ダイヤフラムバルブ

ベンティダクトの効果

【ベンティダクトの放熱効果試験】

ベンティダクトを装着することにより、バルブ内部の温度上昇率が約12℃低下しました。

 

テスト条件

流体:水(無循環)

印加電圧:DC24V(定格)

 

     <ベンティダクトなし>            <ベンティダクトあり>

 

 

ventiduct.jpg

 

 

     ソレノイド内部で発生した熱により         流体温度上昇が8℃以下になった。

     流体温度が約20℃上昇。

 

 

ベンティダクトオプションはこちらから!

お問い合わせ

 

ご質問やご要望などございましたら、下記よりお気軽にお問合せください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。