バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー高砂電気工業株式会社

私たちの技術は世界中の
あらゆる業種業界に用いられ
トップレベルのイノベーターを
サポートし続けています。

あなたのアイディアと
アクションで
さらに可能性を
広げてみませんか?

What's Takasago Electric, Inc?

私たちは、バルブやポンプなどの流体制御機器と呼ばれる精密機械部品を作っています。
開発から設計、そして製造まで自社で一貫生産しています。

私たちの製品の多くはお客さまのニーズを満たすためのオーダーメイド品。
世界中の国、あらゆる業種業界で使われておりその製品数は10,000点を超えています。

  • 化粧品

  • 食品

  • 家電製品

  • 自動車

  • 造船

  • 航空

  • 宇宙

  • 水質分析

  • 農業

  • 環境分析

  • 医療

  • ヘルスケア

  • 製薬

  • 細胞培養

世界中の企業に選ばれる大きな理由。
それはお客さまのニーズに合わせたオーダーメイドで製品を納品すること。
その中でも私たちは特に以下の3点で選ばれています。

  • 01

    Customization

    個別設計

    お客さまのニーズに合わせて製品をカスタマイズ。本当に必要な製品を必要な分だけ提供することにこだわっています。

  • 02

    Miniaturization

    小型化

    世界に誇れる技術力の1つが世界トップクラスの小型化の実現。この技術で小さくても精密な流体制御を可能にしています。

  • 03

    Integration

    統合化

    各部品を組み合わせて、一連の流体制御機能を実現するインテグレーション。設計から試作まで、とことんお客さまのニーズにおこたえします。

このようにバルブ・ポンプなどの流体制御をする部品メーカーとして、
多くの特殊な技術を持ち、それがお客さまに選ばれています。

技術者としてプロフェッショナルになりたい方の
エントリーをお待ちしています

募集要項を見る
Success of seniors
  • 日常業務中に感じた自社の改善点。
    課題解決のためのアプリを企画立案し、設計+アプリ開発の
    二足のわらじ生活!

    Dhot Navtej ( 技術開発課 航空宇宙グループ / 2019年入社 )

    Dhot Navtej

    インドで生まれイギリスでキャリアを積んでいたのですが、「何か新しいことにチャレンジしたいと思い、日本で働くことを決め転職活動をスタート。高砂電気工業には転職サイトを利用して見つけ、働くことになりました。

    大学では部品設計を学んでいたため、高砂電気工業でも設計として航空宇宙事業のバルブ・ポンプ設計としてキャリアをスタート。
    仕事自体は慣れるにつれてできることが増えていくのですが、やはり言語の壁が大変でした。

    日常会話は問題ないのですが、業務となると話は別です。流体制御を扱うには専門知識が必要です。それだけでも大変なのに、当社のノウハウや社内文書はほとんどが日本語。日本語での専門用語も多いので、漢字だらけの文書を読むのに、最初は本当に苦労しました。

    しかし仕事自体はとても面白くやりがいを感じてます。私は航空宇宙事業の部品設計をしていますが、エンジンのスラスターや宇宙空間で使われる様々な分析器の中に自分の設計した部品が使われており、スケールの大きな仕事を担っていると感じ、毎日充実しています。

    日々の業務の中で感じた気づきが新しいチャレンジへと繋がった。

    高砂電気工業が大手企業と一番異なる点は、お客さまの課題解決に合わせた部品のカスタマイズです。お客さまのニーズにあった部品を作成するため、お客さまとコミュニケーションを密に取る必要があります。

    日々やりとりを続ける中で気付いたことが「お客さまはバルブとポンプでできることを理解していない。」ということ。

    当然のことですが、お客さまはバルブやポンプのプロではありません。
    なので、「この部品はどういうものか」「どんなスペックで何ができるのか」ということが全然知られておらず、その説明をすることに日々苦労をしていました。

    そこで思いついたのが高砂電気工業の部品をデータベース化しアプリ上で見れるようにすること。
    このアプリがあればお客さまにイメージを持ってもらいやすく、やりとりがスムーズになるのではないかと思い、プロトタイプの開発をスタートしました。

    アプリ開発自体は独学ですが少し形になってきた時点で、上司に対してプレゼンテーションをしました。
    すぐに面白いと気に入ってもらい、アプリ開発も行うことに。今では部品設計とアプリ開発の2つを並行しながら業務を行なっています。

    上司への提案がしっかり受け入れられる。面白そうだったらやってみればいいと言われる。
    チャレンジングな環境です。

    一般的な日本の企業を私は体験したことがありませんが、人伝で聞くのは「何を提案しても受け入れてもらえない」「そもそも提案が通らない」というネガティブな噂。

    その点、高砂電気工業は社長の平谷さんが同じフロアにいて、積極的に声をかけてもOK。壁がなくて非常に話しやすいんです。
    アイディアを話したら、それにアドバイスをくれてさらに良いアイディアになっていく。そんな刺激的な環境です。


    まだまだ誰にも話していないプロジェクトがたくさんあるので、これからも良いと思ったことをどんどん提案して、自分が作りたいものを作っていきたいと思います。

  • 入社時から細胞培養の新規プロジェクトに参画。
    面白そうだと思ったことに積極的に携わり、
    今はビジネスの立ち上げを学ぶために
    ベンチャー企業にプチ出向中!

    朝日 真奈甫 ( 技術開発課 新規開発グループ / 2014年入社 )

    朝日 真奈甫

    大学では細胞培養の勉強をしていました。高砂電気工業に入社を決めたのはその細胞培養の分野で新規事業をスタートさせようとしていて、大学で学んだことが活かせるのではないかと思ったためです。結果からいうと大学で学んだことで活かすことができたのは数%程度でしたが(笑)

    細胞培養を活用する再生医療事業は、立ち上げ期だったのでチャレンジの連続でした。通常だったら出荷などは専門でやっているチームがあるのですが、再生医療事業の場合は製品も検査も出荷体制も何もかもが初のこと。お客さんとの打ち合わせをして設計・納品まで、一人でやる範囲が広くてそれがとても勉強になりました。

    細胞培養のプロジェクトが派生して、宇宙空間で細胞培養するための装置開発に携わることに。

    再生医療事業の中で開発した「ポータブル培地交換システム」がJAXAのプロジェクトに採用されて宇宙仕様へのモデルチェンジがスタートしました。用途は宇宙ステーション「きぼう」の日本実験棟で進められる細胞培養実験において、培地や試薬などの溶液の交換に使用される計画です。

    宇宙空間での使用のために様々な仕様を変更。軽量化や小型化・耐振動強度などクリアしなければいけない項目が多く、何回も試行錯誤を繰り返しながらモデルチェンジをしていきました。

    そして、2021年9月のロケット打ち上げとともに、無事宇宙ステーションに届けられました。
    その知らせを聞いた時「自分たちの装置が、宇宙ステーションで宇宙飛行士さんたちの手によって使われているんだなあ・・・」と。
    言葉で表現が難しいのですが、すごく感動しましたね。

    エンジニアの視点からマーケティングの視点へ。
    新規事業の立ち上げが新しいものの見方に気づかせてくれた。

    再生医療事業立ち上げ中に感じたのはマーケティングの大切さです。
    せっかくいいものを作っても売れないと意味がありません。必要とされているものはどんな製品か?それをどんな相手にどうやって売るのか?そういう視点を持って商品開発をしなければいけないということを学んでから、より経営目線で考えるということを心がけるようになりました。

    そんな中、会社の「この指とまれプロジェクト」で、農業のベンチャー企業が人手が足りないから誰かサポートしないか?というものがあり「面白そう!」と感じたので立候補して、今では週に1日その企業に出向していろいろな業務を経験しています。

    「この指とまれプロジェクト」とは「こんなことをやってみないか?」というお題が掲示され、やりたいメンバーが立候補してプロジェクトをスタートさせるという社内制度です。

    先にも述べた通り、今は名大発の農業ベンチャー企業に出向し、社長の横で打ち合わせに参加したり、プレゼン資料の作成サポートをして、新規事業創出の体験を肌で感じています。

    高砂電気工業のキャリアパスは非常に多彩です。
    私のようにエンジニアからマーケティングに携わるゼネラリストのようなキャリアもあれば、エンジニアリング一筋のプロフェッショナルなものまで。会社がちゃんと個人の意思を汲み取ってくれるからこそ好奇心旺盛な人間にとっては成長し続けることができる会社です。

  • 学生時代から持っていた海外志向。
    設計、国内営業と携わり念願の海外営業へ。
    今ではインド市場開拓リーダー!

    香村 聡彦 ( 営業技術課 / 2015年入社 )

    香村 聡彦

    僕は色々なことに興味を持つタイプなので、大学時代は化学を専攻していましたが、研究室選びでは生物や医学にも関われるところを選びました。
    そして、昔から海外にも興味があったので、就職先は海外でチャレンジすることができそうな企業を中心にピックアップ。その中でも流体制御技術という明確な強みがある高砂電気工業なら、その強みを軸にキャリアを広げていけるのではないかと思い入社を決意しました。

    高砂電気工業には入社前留学制度というものがあり、それを利用して留学できるのも魅力と感じていました。ただ、卒業前に怪我をしてしまい、入社前の留学はできないことに...ちょっと残念なスタートとなりました。

    目指すは技術の会話ができる営業マン。
    だからこそエンジニアスキルを習得する時間も必要だった。

    入社後まずは設計技術課に配属となり、2年間は設計をしっかり学びました。この期間はお客さまとの会話はほぼなく、バルブとポンプについて理解を深める修業期間のように捉えていました。

    設計に携わりながらも、上司には「いつか海外でお客様相手に営業をやりたい!」と伝えていたため、海外での展示会などには参加させてもらっていました。参加すると改めて「設計だけではダメだ。技術をいかに分かりやすくお客様に伝えられるか、、、目指すは設計・技術が分かる営業マンだ。」という思いが強くなりました。

    そんな中、日本の営業に空きが出たため、まずは日本国内で営業に携わることに。設計をやりながら営業もしていた一番ハードな時代です。ただ、このハードだった時代が今の自分を作ってくれているので感謝しかないですね。

    念願の海外グループに配属。立候補したのは未開拓だったインド市場。
    本格進出の足掛かりとして現地とのコネクション作りに奔走しています。

    日本での営業をしていたら海外グループのポストが空いたため念願の海外グループに配属。このタイミングで会社の制度を利用し、3ヶ月の語学留学も体験できました。

    海外グループで働くことになり、目をつけたのはインド市場。元々高砂電気工業ではアメリカや中国には進出しており、順調に売り上げを作っていました。そんな中、インドだけはあまり状況が良いとは言えず、どうせチャレンジするなら難しい方が楽しいと思い、インド市場開拓を立候補。今では本格進出の足掛かりとして現地とのコネクション作りに奔走しています。

    私のキャリアを振り返ってみると、理想通りのキャリアを歩めていると思っています。
    流体制御の基礎知識から学びたかったので設計からスタートし、海外で営業ができるようになるために、まずは日本の営業からスタート。経験を積んでから海外挑戦。これも全ては上司が私のキャリアをしっかり考えてくれていて、適切なタイミングで声をかけてくれたからだと感じています。

    将来的には海外市場の情報を社内にフィードバックして、売れるものを開発してもらい、それをさらに売るような商品開発も兼ねた営業をしていきたいです。僕のように「あれもやってみたい!」と、様々なことに興味を持って活動したい人には、とても魅力的な会社だと思います。

先輩たちは大学で学んだことを活かしながら、
様々なプロジェクトに携わり社会人としての実力を身に付けています。

自分のできることが広がれば、新しいプロジェクトにチャレンジできる。
そんな刺激的な環境であなたも働いてみませんか?

募集要項を見る
Human
  • 自律し、自ら考えて動ける
  • 行動力・突破力のある人
  • 人から信頼される人間的な魅力がある人
  • 素直でフレキシビリティがある人
  • 自分の“弱み”を理解している人
  • 「成し遂げたい!」という強い信念を持っている人
これからも、新規事業や新分野開拓に恐れず挑戦していきます。

はじめは挑戦すること自体が恐いかもしれません。
なぜなら失敗する可能性があるから。
それでも組織として
みなさんの挑戦を本気で応援し続けます。

募集要項を見る
Company

カンパニー制度について

高砂電気工業ではカンパニー制という社内分社制度をとっています。
個々のカンパニーにそれぞれ社長が存在し、各自の強みと異なる組織文化を活かして独立性の高い経営を行います。

事業部制よりも、迅速な経営判断や運営ができるメリットがあります。

  • 高砂ホールディングス(株)
  • 高砂電気工業(株)
  • 流体制御
    システム
    カンパニー

    既存のメイン事業(分析装置)向けの流体制御機器の設計。海外への更なる進出。高品質、安全性・正確性、安定供給が求められる製品を扱う。

  • 未来創造
    カンパニー

    航空宇宙・再生医療などの既存事業や、その他新規分野への参入。新製品の開発。1品から、試作・カスタム品をフットワーク軽くスピード感が求められる製品を扱う。

Philosophy

人で勝つ経営スタイル

いい製品も、いい事業も、いい未来も、全て人が創り出します。
未来創造カンパニーは”未来を創る”カンパニーであると同時に、”人間尊重”カンパニーを目指しています。

  • Homework First,
    Technology Second!

    市場は何を求めているのか、お客様にとって魅力的か
    常に将来のニーズを探求しながら未来を創造しよう。

  • 組織力の最大化

    If you want to go fast, go alone.
    If you want to go far, go together.

    部門ごとで孤立するのではなく、連携を取り合い、共通のゴールに向けて進んでいこう。

Message
未来創造カンパニー

未来創造
カンパニー

代表取締役社長 平谷 治之

linkedin

みなさんこんにちは、高砂電気工業の平谷です。
当社は“人間尊重カンパニー”として、個々の社員のキャリア形成を支援することを重視しています。

「特定の業務をとことん極めていく」といった自律専門型人材には、その道のプロとして難易度の低い仕事から始め、徐々に難易度の高い仕事をこなしていく。

あるいは「まだ世の中にはない何か新しいことをしたい」といった自律創造型人材には、いろんな業務を経験してもらい、その中から本当に自分に合ったキャリアを見つけてもらう、といったイメージです。

世の中はこれまでと違い、正解のない世界に入ってきました。今後何が起こるか誰にも分かりません。AIの普及で人間の仕事はどうなるのか?ロボティクスや5Gなどテクノロジーの進歩も加速していく中、当社も過去の延長線上の発想から脱し、思い切ったチャレンジを進めていきます。自動車や航空機などが化石燃料からバッテリーに切り替わると、部品メーカーなど既存のプレーヤーが総入れ替えとなる可能性があります。これは当社にとっては絶好のビジネスチャンスとなります。世の中が急激に変化する際、そこにタイムリーに参入できるように新技術開発を水面下で着々と進めています。

Characteristics of human
resource development

人材教育・育成の特徴 人材教育・育成の特徴

社員のキャリア形成を支援するための具体的な仕組みもいくつか用意しています。
まずは「この指止まれプロジェクト」。私自らが新規プロジェクトを外から取ってきて、「これやりたい人?」って聞きますので、やりたい人は手をあげてもらう。「これやりなさい業務命令です!」など決して押し付けず、社員の自主性、主体性を尊重しています。

また別の仕組みとして「仕事の越境体験」があります。私がアドバイザーを務めている他企業(ベンチャー)に週1回出向してもらい、ベンチャー企業で仕事をしてもらうというものです。このベンチャー企業は当社とは全く関係ない業界で、成長期にあるベンチャー企業での躍動感ある業務遂行、尋常ではないスピード感、ベンチャーの社長が日々どのような意思決定をしているのかなどを横で見るなどの実体験してもらいます。当社のことを、あるいは今の自分の仕事のことを相対化して見られるような人材になること、社外人的ネットワークの構築などを目的とした人材育成プログラムです。

あるいは、「究極のOJT(On the Job Training)」と題し、私のブルドーザーのような仕事の進め方を、私自らが社員に背中を見せながら一緒に進めていくスタイルの人材育成も実施しています。海外拠点設立、海外企業との契約交渉、新事業の立案、あるいは企業買収などもあるか知れません。「じゃあ、あとよろしく。」というタイプの上司もいますが、ここぞという案件の時こそ、一緒に、そして背中を見せることが重要だと思っています。こういうのはテキスト(知識)とは全く違う世界なので、OJTでしか伝えられないですからね。

このような能力向上のための機会を提供する仕組みのベースとして、働き方の自由度を高める制度もしっかり整備しています。例えば、リモートワーク、フレックス制度がありますし、何年も前から副業も解禁しています。

社内制度を活用し、実際の仕事を経験することで、社内外問わず活躍する素敵なビジネスパーソンに成長してもらえると思っています。

Thoughts on hiring

採用への想い 採用への想い

当社は、知名度は高くありませんが、「世の中へのインパクトの大きい仕事が体験できる」、「優秀な人と一緒に仕事ができる」、「当社にくれば成長できる」といったコンセプトを大切にしています。

このコンセプトに共感いただける方、是非とも我々と一緒に新しいワクワクする未来を創っていきませんか?

私の座右の銘は「一期一会」、これを念頭に置いて人と関わっています。私自身、国籍は日本ですが、過去に米国やフランスで働いていたこともあり、中身は外国人のようで少し変わったタイプとよく言われます。

だから皆さんからきっと「この人とならイノベーションを起こせる」と思ってもらえると信じています。逆に私は「当社を辞めてもまた一緒にどこかで何かやりたいね」って思えるような社員をたくさん育成していきたいと思っています。

123
Number
  • 創業

    歴史

    1959

    歴史
  • グローバル展開

    取引国数

    50ヶ国以上

    取引国数
  • 売上

    グループ

    41億円

    グループ
  • 技術力・開発力

    研究開発比率

    3.4%

    研究開発比率
  • 製品数

    出荷実績

    10,000機種

    出荷実績
  • リクルート

    新卒採用

    49.7%

    新卒採用
  • 年齢構成

    年齢構成
  • 外国人従業員

    技術実習生含む

    24

    技術実習生含む
  • 働き方

    男性育児休暇取得

    のべ6

    男性育児休暇取得

Recruit entry

  • Sales engineer

    セールスエンジニア

    技術の知識を身につけ、お客さまの課題に対して提案営業を行う仕事です。
    詳しく見る
  • Designer

    設計

    お客様の業界に精通し、お客様のニーズにあったバルブ設計・既存製品の改善を行う仕事です。
    詳しく見る
  • Developer

    開発

    新製品の提案・設計を行い、自分のアイディアで世界の問題にアプローチする仕事です。
    詳しく見る
  • FAQ

    FAQ

    よくある質問にお答えします!
    詳しく見る
  • Recruit information

    募集要項

    採用フロー&募集要項はこちらから。
    詳しく見る