NEWS

2019.12.04

ニュース

関西経済同友会の皆様が視察にいらっしゃいました。

12月2日(月)、関西経済同友会様より14名の委員会メンバーがお越しになりました。視察の主目的は、「伝統と革新」をテーマに、コアとなる事業領域(伝統)がある中でいかに新規事業(革新)を進めるかの模索とのこと。当社社長の浅井より、当社の新規事業のあらまし、取り組みの動機と背景、メリットと課題など、事例としてご紹介させていただきました。

 

特に、中小企業が生き残っていくために、敢えて「選択と集中をしない」というリスク分散・事業多角化の方針については、皆様にも多少の新鮮味があったようです。「伝統」と「革新」のバランスや、新規事業系人材の選抜・育成にも質問が相次ぎ、ディスカッションは1時間を超えました。

 

その後の工場視察では、少量多品種生産を支える「作業指示システム」(合計6万を超える工程ごとに、動画等を使って手順や注意点を瞬時に示す、当社開発の独自システム)などご紹介いたしました。

 

今回のご視察が、少しでも皆様のご参考になりましたことを願っております。

 

高砂 関西経済同友会 視察

ご一行様と当社社長

 

高砂 関西経済同友会 視察

工場のご紹介