techinfo

H

減圧回路 (Hit & Hold Circuit)

 

 

 

circuit.jpg

 電磁弁は、一旦駆動電圧で動作をさせた後は、供給電圧をある程度落としても、OFF状態に復帰せず、ON状態を保持する性質を持っています。このようにON状態を保持させる電圧を保持電圧と呼びます。保持電圧を利用することで、以下のように電磁弁の様々な性能を向上させることができます。

 

消費電力の低減
コイル発熱の抑制
動作の高速化
高耐圧力化
その他

 

減圧回路は、内蔵されたタイマーの設定により、駆動から一定時間後、自動的に供給電力を保持電圧のレベルまで減圧します。リード線の途中に組み込み可能なほか、コイル部ケーシングに内蔵可能な機種もあります。目的に合わせた具体的な使用方法は、事前にお問い合わせください

 

タイミングチャート

 

circuit2.jpg

 

 

駆動電圧(Vo)を供給すると、回路で設定された起動時間(T1)後、電流の供給が停止されるまでの保持時間(T2)の間、PWMPulse Width Modulation制御により、電圧値を平均化し、実質的に減圧します。

 

仕様

 

入力電圧範囲

DC5VDC27V

起動時間

100ms300ms

減圧時の平均出力電圧

入力電圧の40%

 

外径寸法

 

  circuit3.jpg 

 

 

注意事項

    電源電圧などの仕様を守ってご使用ください。

    電源電圧には極性があります。正しい極性で印加してください。

    電源電圧のオン・オフをタイミングチャート以上に繰り返さないでください。

 

 

減圧回路を標準装備したXTAシリーズもご用意しております。

XTAシリーズ一覧:https://takasago-elec.co.jp/products/p11555/

 

お問い合わせ

 

ご質問やご要望などございましたら、下記よりお気軽にお問合せください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。