PRODUCTS

インスリンポンプ輸液システム用ポンプ

インスリンポンプ輸液システム用ポンプ

概要

インシュリンなど極低流量の薬液を送液できるマイクロポンプです。用途に応じて、4種類の異なる基本構造から選択できます。どのタイプも、薬液に接する部分(接液部)がディスポーザブルです。最大の特徴は、マイクロリットル単位の計測が可能な流量計と組み合わせたフィードバックシステムを提供できること。高精度な送液管理とともに、送液異常の検出にも最適です。全てのタイプで、流量などのカスタム対応が可能です。

特徴

基本構造4種
1. チューブポンプ(蠕動ポンプ)
構造がシンプル。モーターの回転数で薬液量をコントロール。フリーフローなし。

2. ピエゾ素子駆動ダイアフラムポンプ
薄型、低消費電力。流量の制御幅が広い。

3. 電気浸透流駆動マイクロシリンジポンプ
マイクロシリンジがそのまま薬液の保管に利用可。極低消費電力。高吐出圧。

4. 形状記憶合金駆動定量吐出ポンプ
ポンプ本体ごとオールディスポーザブル。薄型、極軽量。

SPECIFICATION

1種類

型番名称 INSULIN PUMP

チューブポンプ(ペリスタルティックポンプ)
他社製品と異なり、チューブが平板なチップに格納され、チップごと磁石で駆動部に脱着できます。チューブの交換がとても容易です。高精度な流量管理が可能なステッピングモーター駆動と低消費電力で安価なDCモーター駆動をご用意しています。モーター停止時には流路が閉鎖されるため、フリーフロー(水頭差などによる微量の漏れ)がありません。

上の写真は当社で最も小型の製品で、重量はわずか5 g。最低流量は1回転当たり2 μLです。

下の写真は最高流量165μL/minのステッピングモータータイプです。DCモータータイプでは、最高流量200μL/minとなり、必要に応じてさらなる高流量化にも対応します。

MOVIE

CONTACT

掲載されていないスペックも対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ