PRODUCTS

吐出量可変式サンプルインジェクター 【コンセプトモデル】

吐出量可変式サンプルインジェクター 【コンセプトモデル】

精度の高い分注を低コストで実現。

特徴

・分注量を流路内容積で定量する“流路切り取り式”の分注システムです。通常はサンプルループの長さ(固定)で分注量が決まりますが、サンプルループ内に複数の液面検知センサーを設置することで、分注量を可変としました。
・上図に於いて、サンプルがP1ポンプで送液され、予め指定されたセンサー(S4)に到達すると送液が止まり、そこまでの液体が、P2からのエアーで押し出されます。検知するセンサーを切り替えることで、段階的に分注量を変えられます(S1~S5)。エアーの代わりにキャリア液を使用することもできます。センサーの数、間隔はご指定いただけます。
※液体によっては液面検知できない可能性もあるので、お問い合わせください。 

・流路内容積で分注量が決まるので、定量性は抜群です。・ポンプは目的に応じて選定できます。高圧ポンプでサンプルを注入することも、またチューブポンプなどでコストを低減することもできます。上の写真は、小型・軽量な可動アーム搭載型です。

SPECIFICATION

1種類

型番名称 SIVD-01

CONTACT

掲載されていないスペックも対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ