バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー 高砂電気工業株式会社

東京オフィス移転のお知らせ

バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー 高砂電気工業へようこそ!

東京オフィス移転のお知らせ

 

関東地区のお客様窓口として2016年より五反田のTOCビルに設置して参りました東京オフィスですが、この11月1日より、川崎市のかながわサイエンスパーク(略称:KSP)に移転することとなりました。詳細は下記をご覧ください。

 

KSPは再生医療を含むバイオ産業やその他の先端技術の集積地であり、お客様に近い場所で市場ニーズを把握し新製品開発に活かすという、東京オフィスの目的に最適なロケーションです。引き続きこれまでと同様に、担当者は関東地区を中心に訪問のご要請に迅速に対応いたします。また、名古屋本社の開発・設計技術者も必要に応じてオンラインで打合に参加し、これまで以上にスピーディーで適切なソリューションの提供を図って参ります。

 

これを機に、東京オフィスを一層ご活用いただければ幸いです。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

移転先:〒213-0012
  神奈川県川崎市高津区坂戸 3-2-1かながわサイエンスパーク西棟 2F Tech-Pot
  ※ かながわサイエンスパーク(KSP)について

 

 

最寄駅:東急田園都市線・大井町線 溝の口駅/JR南武線 武蔵溝ノ口駅
  徒歩約15分 KSP行き無料シャトルバスにて約5分
アクセス:https://www.ksp.or.jp/access/
オフィス責任者:前川 敏郎
電話番号:本社経由 080-7213-7861 (電磁弁、ポンプに関するご相談はこちらの方がスピーディーです。)
  前川直通 090-1561-8518 (面談中など出られない場合があります。)
メールアドレス:t-maekawa@takasago-elec.co.jp

 

2020年10月27日 14:10

経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定されました

 

地域未来牽引企業 経済産業省 高砂電気工業

10月13日、経済産業省より「地域未来牽引企業」として高砂電気工業が選定されました。「地域未来牽引企業」とは、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業とされています。

 

経済産業省 地域未来牽引企業について

 

当社は分析装置、医療機器などに使用される小型精密バルブを世界のお客様に提供し、経済産業省認定グローバルニッチトップ企業にも選ばれています。売上の9割強は愛知県外(4割強が海外)からとなっている一方、材料や部品の仕入れは県内のサプライヤーさんからが7割以上です。世界で稼いで愛知で使うグローバルニッチ企業として、今後も微力ながら地域経済を牽引したいと思っています。

 

地域未来牽引企業 JAXA 細胞培養自動化 高砂電気工業

未来の牽引に当たっては、地域の大学から多くの支援もいただきました。名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、名城大学等との様々な開発プロジェクトです。JAXAに採用された宇宙での細胞培養実験用自動溶液交換器もそのひとつです。
詳しくはこちら

 

再生医療分野でのライブセルイメージングシステムや継代支援システム、宇宙向けでは小型人工衛星用EOPスラスター(小型ロケットエンジン)なども、産学連携から生み出されたユニークな製品です。AMEDプロジェクトで肺がんのテーラーメイド医療の共同研究を地元大学と行った実績もあります。さらには、この10年の新卒採用者の86%が、地元大学・高校の卒業生でした。

 

再生医療分野の製品について

 

航空宇宙分野について

 

今後も、流体制御のスペシャリスト企業として、ユニークな製品開発やサービスを通して、地域に貢献できるよう活動を続けて参ります。皆様からのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

Think globally, act locally!

 

SDGs 高砂電気工業 血液分析装置や環境分析装置への部品供給

 

2020年10月21日 14:10

ものつくり技術交流会にてチップ搭載型マイクロポンプについて講演しました

 

9月18日、分析イノベーション交流会が主催する「ものつくり技術交流会2020~分析に役立つ基礎技術~」がオンライン開催され、当社CTOが「Lab on a chip/organ on a chipに用いられるチップ搭載型マイクロポンプとその活用例」というタイトルでショートプレゼンテーションを行いました。

 

20余年前にμTASが注目され始めて以来、分析等に用いる流路チップは、その精密さや集積度に於いて大きな進歩を遂げた一方、流路内の流体を制御するためのデバイスは、チップ外部に設けるオフ・チップ型が今も主流で、チップそのものに持たせる流体制御機能は未だ発展途上です。
当社は多様なマイクロポンプ、バルブを有し、チップ本体に機能を付加することを多年にわたり研究してきました。特にチップと一体のオン・チップ・ポンプに関し、複数の駆動方式と、その応用例を持っています。分析、合成、細胞培養に携わる皆様の、マイクロデバイス開発の一助となるよう、本資料を公開いたします。

 

Lab on a chip/organ on a chipに用いられるチップ搭載型マイクロポンプとその活用例

プレゼンテーション資料はこちら

 

資料内で紹介している動画は下記よりご参照ください。

 

チップポンプの動作の様子
製品について詳しくはこちら

 

試薬封入型ディスポーザブル流路システム【ローラーポンプタイプ 】
製品について詳しくはこちら

 

ディスポーザブルフローサイトメーター用低脈動チップポンプ
製品について詳しくはこちら

 

試薬封入型ディスポーザブル流路システム【シリンジタイプ 】
製品について詳しくはこちら

 

電気浸透流ポンプの動作
製品について詳しくはこちら

 

ピエゾマイクロポンプの動作
製品について詳しくはこちら

 

ものつくり技術交流会2020についてはこちら

 

2020年10月12日 16:10

持株会社体制移行と社長交代について

 

この度小社は、グループ経営化を目指して持株会社を新設し、併せて役員陣容を刷新いたしました。10月1日より下記の新たな経営体制により、顧客満足と従業員満足の向上に根差した更なる発展を目指して参ります。引き続きのご高配を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

高砂電気工業株式会社は、新設会社、高砂ホールディングス株式会社の完全子会社となりました。事業は従来通り継続して参りますので、取引先各位との契約関係や受発注取引等は、一部の例外を除き、従来通りとさせていただきます。

 

高砂ホールディングス株式会社

住所:名古屋市緑区鳴海町杜若66番地 (事業会社と同一)
代表電話:052-891-2301(事業会社と同一)
主な事業:グループ統括事業
主要役員:代表取締役会長 浅井 直也
 代表取締役社長 田中 雄一朗

 

同時に、社内カンパニー制を導入しました。「流体制御システムカンパニー」と「未来創造カンパニー」を社内に新設し、それぞれの社長のリーダーシップの下、既存分野において品質と供給責任に基づく事業の拡充を進めつつ、新技術と新規事業への積極的な展開を図って参ります。新たな役員構成は下記の通りです。

 

代表取締役会長 浅井 直也
代表取締役社長(流体制御システムカンパニー長) 小島 耕一
 (高砂電気(蘇州)有限公司 董事長・総経理 兼務)
代表取締役社長(未来創造カンパニー長) 平谷 治之
取締役 田中 雄一朗
監査役 片岡 正輝
執行役員CQO (Chief Quality Officer) 西川 正人
執行役員CTO (Chief Technical Officer) 杉浦 博之

 

今回の持株会社体制への移行、カンパニー制の導入は、今後グループとして多角的な企業運営を目指すための第一歩となります。不透明性の高まる時代背景の中、経営に多様性を持たせることで、リスクを分散しつつ、専門性と機動性を高め、外部環境の変化に柔軟に対応できる組織を希求して行きます。新役員一同心を新たに、社業に微力を尽くして参りますので、皆様方の引き続きのご指導、ご鞭撻を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

高砂電気工業株式会社
代表取締役会長 浅井 直也

 

■ 新社長メッセージ

流体制御システムカンパニー長 小島 耕一
未来創造カンパニー長 平谷 治之

 

2020年10月01日 10:10

“海の貴婦人” 帆船「海王丸」様から問い合わせをいただきました

 

9月2日、伏木富山港・海王丸財団様から、当社製品のお問い合わせをいただきました。帆船海王丸の発電機の燃料制御部に取り付けられていた当社製ソレノイドを、31年ぶりに交換されるのだそうです。

 

海王丸(初代)は、“海の貴婦人”と称される日本を代表する大型帆船で、1930年進水。商船学校の練習船として数多の海の若人を育てて来ました。1989年に現役を引退し、今は富山新港の海王丸パークに係留されて、現役当時と変わらぬ美しい姿が公開されています。

 

海王丸 ソレノイド 高砂電気工業

海王丸パーク公式ホームページ

 

当社製ソレノイド(写真下)は1989年の係留保存決定時に、新規に取り付けられたそうです。少し痛んだ銘板に月日の重みを感じます。
今はバルブ、ポンプ等の流体機器を主力製品とする当社ですが、61年前の創業時は汎用のソレノイド(電磁石応用作動機構)が主力で、それが高砂電気工業という社名の由来でもあります。当時はDurability(耐久性)を製品のモットーにしていましたが、31年も無事に使っていただけて、メーカーとしても大変うれしいことです。

 

海王丸 ソレノイド 高砂電気工業

 

ちなみに当社製品は、無人潜水機「ハイパードルフィン」に積まれて深海まで行ったこともあります(企業PR動画「世界に頼られる、問題解決力。」Case 2)。深海から帆船、そして宇宙船まで。高砂製品のご利用領域は、我々自身の想像すら超えて広がっています。

 

✻写真はいずれも公益財団法人伏木富山港・海王丸財団様からご提供いただきました。ありがとうございました。
 本記事もそのご承諾を得て掲載しております。

 

2020年09月15日 15:09

経済産業省認定「グローバルニッチトップ企業」に選ばれました

 

6月30日経済産業省発表の2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」に高砂電気工業が選定されました。
2013年に続く第2回目の100選で、初の選出を得ました。
https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200630002/20200630002.html

 

経済産業省のウェブページ上に、選定企業の概要が掲載されました。
当社の紹介はこの96ページに記載されております
(PDFファイルのページ数ではなく、各頁最下部のページ数でご確認ください)。
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/gnt100/pdf/2020_gnt100_result_detail.pdf

 

今回の選出は、「ひろげよう世界へ つなげよう100年企業へ」を企業スローガンとして、1959年の創業以来小さなグローバル企業を目指してきた当社にとって、大変うれしい認定です。

 

グローバルニッチトップ 認定証 高砂電気工業

 

今回認定のグローバルニッチトップ製品は、分析装置⽤電磁弁(ソレノイドバルブ)です。分析装置の中で試料や試薬を扱い、分析精度を左右する重要な役割を果たしている電磁弁が当社の主力製品ですが、今や連結売上の半分近くが海外のお客様からで、販売先は60か国近くに及んでいます。マイクロリットル単位の流体を無駄なく正確に扱うための世界最小クラスの製品など、業界でも尖った存在と評価されています。その結果、グローバルトップクラスの大手分析機器メーカー各社様への部品供給はもちろん、ハーバードやスタンフォード、MIT、ケンブリッジなどの著名大学や、分析業界以外のNASA、JAXAなどからも、難度の高い特注品や試作品の問い合わせが来ます。流体技術のコンシェルジュとして、「お客様の技術的なご要望にノーと言わない」が、我々のモットーなのです。

 

(参考:企業PR動画:「世界に頼られる、問題解決力。」)
>> http://takasago-elec.co.jp/rd/mov_pr/

 

今後も、オンリーワンでユニークな流体デバイスの継続的な開発を目標に、「グローバルニッチトップ」の肩書きに恥じない活動を続けて参ります。皆様からのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

SDGs 高砂電気工業 血液分析装置や環境分析装置への部品供給

 

2020年07月02日 14:07

ポータブル培地交換システム JAXA採用でいよいよ宇宙へ!

 

高砂電気工業のポータブル培地交換システムがいよいよ宇宙へ!
ISS「きぼう」日本実験棟でのバイオ実験をサポートします。

 

当社のポータブル培地交換システムが宇宙仕様としてモデルチェンジし、2021年度(予定)に国際宇宙ステーション(ISS)での実験の一環として使用されることが決まりました! これまで手作業で行われ、宇宙飛行士の負担となっていた細胞培養実験における溶液交換の効率化を目指し、マイクロポンプを用いた「小型かつ簡易的な機器で自動化する」というコンセプトを参考に、JAXAが使用する細胞培養実験用の自動溶液交換器具1型(Auto-Ex1)を製作しました。

 

細胞培養実験用自動溶液交換器具1型 JAXA 採用

細胞培養実験用自動溶液交換器具1型(Auto-Ex1)

 

 

■ 詳しくは事例紹介のページでご覧ください!
https://takasago-elec.co.jp/technology/technology_case_study/case06/

 

>> 高砂電気工業の事例紹介一覧はこちら。

 

2020年06月26日 08:06

Stay homeでも実験室で培地交換

 

テレワーク中の細胞培養実験応援キャンペーン!

 

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、全国的な緊急事態宣言が1か月ほど延長される見通しとなりました。自粛要請・外出規制が長引いており、細胞培養に関わる皆様の研究にも大きく影響を及ぼしているかと思います。現在「培地交換のために出勤しなければならない」、「在宅勤務で出勤できないため、培養液の交換ができない」というお客様から、ポータブル培地交換システムのお問い合わせが急増しております。そこで、パンデミックと戦う皆様への応援として、微力ながらキャンペーンを実施いたします。

 

キャンペーン適用対象:
ポータブル培地交換システムCEME-0102を2020年5月1日(金)から緊急事態宣言終了日までにご注文いただいたお客様。 通常1個の付属消耗品を3個に増量します。

 

ポータブル培地交換システムは、6ウェルプレートの培養液の排出と新規注入を、ポンプで自動化したもので、3~24時間の設定した時間間隔で培地を自動的に交換します(24時間以上の設定にもカスタム対応可)。小型で、今お使いのインキュベーターにそのまま入れていただくだけで、今日から培地の自動交換が可能になります。最長7日間、電池だけで動き続けます。外部電源の使用もオプションで可能です。iPS細胞をはじめ多くの細胞種での培養にお使いいただいております。

 

■ ポータブル培地交換のシステム概要については製品ページでご確認ください ■

ポータブル培地交換システム 自動細胞培養 小型

 

製品リーフレット:
https://takasago-elec.co.jp/pdf/catalog/pdf_ceme.pdf

 

ポータブル培地交換システム ディスポーザブル 消耗品

付属消耗品(配管部一式と培地用ボトル2本組み)

 

当製品についてのご質問、また、その他各種製品についてもご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください。

 

その他の細胞培養関連機器はこちら。
https://takasago-elec.co.jp/products/cell_culture/

 

高砂電気工業(株)は、現在人工呼吸器の開発にも挑戦し、コロナウィルスとの戦いに加わっています!

 

2020年05月01日 11:05

名古屋テレビ「反転の光」の取材を受けました

名古屋テレビにて放映予定のミニ番組「反転の光」に、高砂電気工業を取り上げていただくことになり、7月初旬に取材と撮影が行われました。

 

当社のコア事業である分析分野から、再生医療・航空宇宙分野といった新規事業へチャレンジしたきっかけについて、当社代表の浅井直也のインタビュー取材をしていただきました。また、少量多品種を支える工場の様子やお客様のニーズにこたえるため熱い議論を交わすミーティングの様子なども撮影されました。ぜひご覧ください!

 

【放送予定】 2019年7月28日(日)17:55~18:00 (都合により変更あり)
【番組名】 名古屋テレビ 「反転の光」
 東海エリアの企業・スポーツ選手・ミュージシャン・文化人など、様々な分野で活躍、奮闘する人物の
 「ターニングポイント」にスポットをあてる事で、ビジネスや成功の裏側に迫っていく番組です。
【番組サイト】 https://oa-top.co.jp/company/publicity/

 

高砂電気工業社長 浅井直也

取材の様子

 

金属加工 名古屋テレビ取材 高砂電気

金属加工工場取材の様子

 

高砂電気 問題解決

製品の仕様を決めるミーティング取材の様子

 

2019年07月08日 13:07

バルブ製造技術を宇宙に生かす愛知の老舗企業 ‐ 「みんなの試作広場」に紹介されました

 

株式会社日立ハイテクノロジーズ様が運営する「みんなの試作広場」にて、弊社が取り組みを続けている航空宇宙分野についてご紹介いただきました!新規分野に参入するための苦労や愛知県からのサポートについて、詳細に取り上げていただいています。

 

「みんなの試作広場」は、材料選定のノウハウやポイント、材料や加工技術の基礎知識や最新情報をご紹介するモノづくりに関わる“ひと”と“未来”をつなぐWebメディアです。

 

【記事】 バルブ製造技術を宇宙に生かす愛知の老舗企業〜愛知の航空宇宙産業④
     https://minsaku.com/articles/post294/

続きを読む…

2019年05月16日 09:05

世界の翼に日本の技を! ‐欧州航空機産業を狙え‐ JETRO Global Eyeに紹介されました

 

日本貿易振興機構(ジェトロ)が運営する国際ビジネス情報番組「世界は今 -JETRO Global Eye」の中で、欧州航空機産業への参入を目指す高砂電気工業の取り組みをご紹介いただきました。

 

政府のほか、関連産業が集積する愛知県をはじめとした地方自治体も部品メーカーの動きを後押しするなか、航空機二大メーカーの一つ、「エアバス」の本拠地トゥールーズでの展示会や見学会の様子が取材されています。

 

【記事】 世界の翼に日本の技を! ‐欧州航空機産業を狙え‐
     https://www.jetro.go.jp/tv/internet/2019/03/0d4524483e1583e3.html

【YouTube版】 https://www.youtube.com/watch?v=HK9pdxyO6vY

続きを読む…

2019年04月25日 10:04

「世界最小」の技術力!「Grateful JAPAN」に紹介されました

 

WEBメディア「Grateful JAPAN」に、高砂電気工業のインタビュー記事が掲載されました。創業以来 “少量多品種”でお客様の要望にこたえてきた技術力と、「カスタマイゼーション」「ミニチュアライゼーション」「インテグレーション」による差別化の取り組み、また新規事業である航空宇宙分野への挑戦についても詳細に取り上げていただいています。

 

「Grateful JAPAN」は、さまざまな業界で活躍する一流のプロフェッショナル”匠”に焦点を当て、インタビューを通して、匠達が持つ技術、知見、感性、生き方を伝えているWEBメディアです。

 

【記事前編】 https://grateful-japan.jp/meister/vol22-1/

【記事後編】 URL

続きを読む…

2019年04月25日 10:04

2020年度 新卒採用エントリー受付開始しました

 

2019年3月1日より2020年度の新卒採用エントリー受付を開始いたしました。それに伴い、会社紹介ページを更新いたしました。“お客様からの技術課題にNoと言わない”をモットーとしている高砂電気工業が取り組んできた、ユニークなプロジェクトもご紹介しています。

 

「細胞から宇宙まで」、幅広いフィールドでグローバルに活躍できる環境です。チャレンジ精神あふれる方のエントリーをお待ちしています!

 

高砂電気ってどんな会社?

リクナビ2020 エントリー受付

続きを読む…

2019年03月04日 15:03

「下町ロケット in 名古屋」として「宙畑」に紹介されました

 

WEBメディア「宙畑-sorabatake-」に、高砂電気工業のインタビュー記事が掲載されました。「下町ロケット in 名古屋」として、国産宇宙バルブへの挑戦をわかりやすく取り上げていただいています。

 

宙畑-sorabatake-は、宇宙産業を日本の誇る基幹産業にしたいという思いで情報を発信しているWEBメディアです。2018年12月より衛星データプラットフォーム「Tellus」公式のメディアとなりました。

 

【記事名】 下町ロケット in 名古屋 国産宇宙バルブに挑戦する高砂電気工業の舞台裏

【記事URL】 https://sorabatake.jp/4052/

続きを読む…

2019年03月01日 08:03

テレビ愛知「ゆうがたサテライト」の取材を受けました

 

 

116()17:15から放送予定の情報番組「ゆうがたサテライト」で、愛知県の航空機産業が取り上げられることとなり、高砂電気工業もバルブ部品の加工現場など、取材を受けました。県の支援を得て航空宇宙産業での成功を目指す企業として、当社が紹介される予定です。

 

【放送予定】 2019年116日(水)17:15~ (都合により変更あり)

【番組名】 テレビ愛知 「ゆうがたサテライト」

 毎週月曜~金曜に放送される夕方の情報番組です。

【番組サイト】 https://tv-aichi.co.jp/you/

続きを読む…

2019年01月11日 16:01

NASA科学者が来社しました

 

7月20日金曜日、NASA研究拠点のひとつである Glenn Research Center(オハイオ州)から、Project ScientistであるDr. Padetha Tinが当社を来訪されました。

高砂電気工業はNASAの各機関に種々の実験用デバイスを納入していまますが、中でもGlenn Research CenterのOASIS Projectでは、実験に必要な超小型シリンジポンプについて2009年から直接Dr. Tinと打合を進め、ようやく2015年、国際宇宙ステーションでの実験成功にこぎ着けました。そんなご縁から、今回わざわざ当社にお越しいただけることになりました。

当日はまず、Dr. TinからOASIS Projectの概要や目的についてプレゼンテーションがあり、高砂製品を使用した実験装置についても詳細に説明がいただけました。さらに、2020年に予定されている次期実験に向けて、必要とされるデバイスについてもディスカッションが行われました。専門的な内容をとてもわかりやすく話していただき、改めてNASAとの仕事にやりがいを感じることができました。

 

【OASIS Projectの詳細】

http://willap.jp/t?r=AAAHGS4KZg75581azpx.UfePYsNxy_AGqe8PDw

続きを読む…

2018年07月25日 13:07

名古屋テレビ「ドデスカ!」の取材を受けました

67日(木)朝の情報番組「ドデスカ!」の中のコーナー「竹田のイマネタ」で、当社の月面ビールプロジェクトが取り上げられました。名古屋市緑区から宇宙を目指す企業として、また百万分の一リットルの流体を扱うマイクロポンプのメーカーとして、高砂電気工業が紹介されました。プロジェクトの経緯とともに、ユニークな挑戦への熱い想いがインタビューを通じて語られました。

続きを読む…

2018年06月18日 18:06

[経営者TIMES東海]に弊社代表浅井のインタビューが掲載されました

 

日本全国の志高き経営者の熱い想いを発信するインタビューサイト『経営者TIMES 東海』(運営会社:株式会社インタープレジデント)にて、弊社代表の浅井がインタビューを受けました。

 

「地方にも、高い志を持って挑戦し続ける素晴らしい経営者がたくさんいることを、多くの学生や社会人に知って欲しい!」との想いで、日本全国の成長企業と志高き学生や社会人を繋げるメディアサイト

 

logo-tokai

http://interview.interpresident.jp/tokai/

運営会社:

 

2017年07月24日 18:07

「技術業績賞」受賞のお知らせ

高砂電気工業のポータブル培地交換システムが、2016年12月16日、公益社団法人 計測自動制御学会(http://www.sice.jp/)システム・インテグレーション部門にて技術業績賞を受賞いたしました。ポータブル培地交換システムは、実験室レベルの細胞培養・組織培養で一般的な手作業による培地の交換を、低コストで自動化し、安定した培地交換を可能にするシステムです。製品詳細はこちら

 

今回は、当社アピールポイントのひとつであるインテグレーション技術を評価いただくことができ、大変うれしく思っております。本製品の開発事業に協力機関・企業として参加いただきました、東京大学生産技術研究所藤井(輝)研究室殿、株式会社リプロセル殿を始めとして、ここまでご協力いただきました関係各位には改めて厚くお礼申し上げます。今後もインテグレーション技術を高め、流体制御に関するソリューションの提供に努めて参りますので、一層のご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

 

%e6%8a%80%e8%a1%93%e6%a5%ad%e7%b8%be%e8%b3%9e%e5%8f%97%e8%b3%9e%e8%b3%9e%e7%8a%b6%e3%81%a8%e6%a5%af%e5%86%99%e7%9c%9f

お問合せ

 

 

2016年12月20日 09:12

日経産業新聞掲載のお知らせ_愛知発輝く

2015717日(金)日経産業新聞の21面で高砂電気工業の再生医療と航空宇宙分野への参入について紹介されました。

※著作権に基づく掲載期限が切れたため、現在掲載しておりません。

2015年07月28日 00:07

中部経済新聞に取り上げられた記事_女性の力を生かす

2015年5月14日の中部経済新聞で、産休・育休や育児短時間勤務といった子育て支援の取り組みが『女性の力を生かす子育て支援企業』として掲載されました。

主な内容

2017年に子育てしながら働きやすい職場環境を構築するためのプロジェクトチームを設立し、14年11月には「くるみんマーク」を取得した高砂電気工業。法令を上回る子育て支援の制度も設定している。

育児短時間勤務は子供が小学校入学前まで利用できる。育休から復帰して働き始めた、実際の短時間利用者からの要望もあり、11年にそのように改定した。ちなみに、同社のフルタイムの就業時間は8時間だが、育児短時間勤務では最大3時間短縮できる。年1回利用できる、育児のための特別休暇(無給)を新設。授業参観など、子供の学校行事に参加しやすい環境を整えた。

こうした子育て支援の取り組みを背景に、女性従業員が増えている。もともと生産現場では、細やかな女性の手が必要だった。加えて設計などの技術部門でも女性が定着。かつては結婚や妊娠で退職する女性がほとんどだったが、近年は産休・育休を経ての復帰が当たり前になってきたためだ。さらに女性の職場リーダーも8人いる。

※著作権に基づく掲載期限が切れたため、現在掲載しておりません。

2015年05月25日 17:05

「くるみんマーク」取得しました

働くママとパパの子育て応援します!

 

高砂電気工業は20141120日付けで、「くるみんマーク」を取得いたしました。少子化対策を計り、子育て支援など一定の基準を満たした企業は、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。「くるみん」は、この認定を受けた企業の証のマークで、赤ちゃんを優しく暖かく「おくるみ」でくるむことを表したデザインです。

続きを読む…

2015年01月16日 08:01

ラジオ番組で紹介されます(FM AICHI 2015年1月17日)

ラジオ1.jpg

放送日時:2015117日(土) 1900~1930

放送局:FM愛知

周波数:80.7MHz(豊橋81.3MHz

番組名:GLOBAL R-VISION

サービスエリア:愛知県を中心とした中部圏

 

続きを読む…

2014年12月22日 00:12

日本経済新聞掲載のお知らせ_再生医療分野製品開発計画

20141121日(金)の日本経済新聞で、高砂電気工業の再生医療分野進出に向けた取り組みが紹介されました。細胞培養において培地の交換作業を自動化できるポータブル培地交換システムの開発計画が記載されています。

続きを読む…

2014年12月17日 15:12

JISQ9100/AS9100/EN9100 認証取得

高砂電気工業は、航空宇宙産業における品質マネジメントシステム規格9100シリーズのステージ2審査を6月に受審しておりましたが、この度正式に認証登録が完了いたしました。日本規格JISQ9100、米国規格AS9100、欧州規格EN9100の同時認証です。これにより、航空宇宙分野への参入を加速させるとともに、医用や分析機器向けなど既存の事業分野でも、さらに高い品質を確立して参ります。引き続きのお引き立てを、よろしくお願い申し上げます。

続きを読む…

2014年09月17日 00:09

中京テレビ「キャッチ!」で高砂電気が取り上げられました!

RIMG0005 低解像.jpg

227日放送された中京テレビ「キャッチ!」の「異分野から航空産業に 名古屋の中小企業に密着」というコーナーに、高砂電気工業が登場しました。番組では、21114日にシンガポールで開催されたエアーショーに初めて出展した様子と、そのエアーショーでの成果を社内に報告する会議の様子が取り上げられました。この他にも、主要製品である電磁弁、社長のインタビュー、新製品試作の様子や製造現場の状況も放送されました。

 

【放送日】 2014227日(木)

【番組名】 中京テレビ 「キャッチ!」

毎週月曜~金曜に3時間放送される夕方生活情報報道番組です。

【番組サイト】 http://www.ctv.co.jp/catch/ 


ブログアップ用.png

2014年02月28日 00:02

メ~テレ(名古屋テレビ)の番組で紹介されました!!

ニュースリリース用写真1.jpg

1228日(土)朝オンエアの、名古屋テレビの番組「サクセス」で、高砂電気工業が取り上げられました。この番組は、各界で活躍する社長の情熱と素顔、そして「サクセス」ストーリーを紹介するものです。


高砂電気工業は、NASA、ハーバード大学、スタンフォード大学など、世界の有名機関や有名大学に、特殊なポンプやバルブをオーダーメイドで供給する技術企業として紹介されました。写真は、1210日に行われた撮影の様子です。開発会議、CAD操作、加工現場、クリーンルームや、社長が会社について語る場面などが収録されました。


ニュースリリース用写真2.jpg


【放送日時】  

20131228日(土) 755 8:00 

【番組名】

 メ~テレ(名古屋テレビ放送) 「サクセス」



【番組サイト】

http://www.nagoyatv.com/manifest_old/manifesto_0811/success/estimation.html

2013年12月13日 10:12

NHK「ウイークエンド中部」の取材を受けました

NHK3.png
高砂電気工業は、NHK総合テレビの番組「ウイークエンド中部」の取材を受けました。この番組は、毎週土曜日午前7:30 から中部7県向けに放送されている、朝の情報番組です。この番組で、「航空機産業進出を狙う中小企業」という話題で、弊社が数分間登場いたしました。

【放送日時】  20131214日(土) 730 8:00 

【番組名】    NHK総合テレビ 「ウイークエンド中部」

【番組サイト】  http://www.nhk.or.jp/nagoya/we/

2013年12月11日 20:12

中部経済新聞に取り上げられた記事_微小流体モジュール開発

中部新聞掲載記事20131025_2.png

中部経済新聞 2013年10月25日掲載
記事は中部経済新聞社の使用許可を得て掲載しています。無断転載は禁止されています。

2013年11月05日 10:11

中部経済新聞に取り上げられた記事_航空宇宙産業分野参入へ

航空宇宙産業分野参入へ<高砂のみ抜粋>1.png

中部経済新聞  2013年9月5掲載
記事は中部経済新聞社の使用許可を得て掲載しています。 無断転載は禁止されています。

2013年09月17日 00:09

「設立50周年のご挨拶」

お客様ならびに取引先様 各位

 

お陰をもちまして、本日小社は、株式会社として設立50周年を迎えることができました。

これもひとえに、皆様の長きにわたるご愛顧と、平生からの多大なるご支援・ご指導によるものと、改めて深謝申し上げます。

現在小社は100年企業を目指し、新たな50年を踏み出したところです。

今後とも皆様に、より良い製品やサービスをご提供できるよう、そしてご満足いただける企業であるよう、努めて参りたいと存じます。

引き続きのご愛顧を、よろしくお願い申し上げます。

 

 

2013124

高砂電気工業株式会社

代表取締役社長 浅井 直也

社員一同

2013年01月24日 01:01

中部経済新聞に取り上げられた記事_圧電素子でポンプ小型化

中部経済新聞  2009年9月7日掲載
記事は中部経済新聞社の使用許可を得て掲載しています。 無断転載は禁止されています。

2009年09月08日 18:09

名古屋テレビのニュース報道番組「UP!」で取り上げられたFC EXPO2009の展示ブース

弊社のブースがメ~テレで紹介されました!

 FC EXPO 2009 第5回 国際水素・燃料電池展(2009年2月25日~27日)の展示会場で、名古屋テレビ放送の取材を受けました。塩尻アナのインタビューに、開発担当社員が、新製品ピエゾマイクロポンプにかけた熱い思いを語る様子が、ニュース報道番組「UP!」(毎週月曜~火曜18:17~19:00)の2月27日放送にて紹介されました。写真は取材中の風景です。

メ~テレのHPはこちら

【お問い合わせ先】
高砂電気工業株式会社 営業・技術部 開発グループ 担当:林 豊(ハヤシ ユタカ)
TEL:052-891-2301 FAX:052-891-7386
E-mail:info@takasago-elec.co.jp

2009年03月02日 18:03

朝日新聞に取り上げられた高砂電気工業の記事

朝日新聞  2005219日掲載
記事は朝日新聞社の使用許可を得て掲載しています。 無断転載は禁止されています

続きを読む…

2005年02月27日 21:02

トップページへ

 

名古屋テレビ「反転の光」名古屋テレビ「反転の光」
当社のコア事業である分析分野から、再生医療・航空宇宙分野といった新規事業へチャレンジしたきっかけについて、
社長浅井のインタビュー取材をしていただきました。少量多品種を支える工場の様子なども紹介されています。

宙畑リンクバナー宙畑
「下町ロケット in 名古屋」として、国産宇宙バルブへの挑戦を取り上げていただいています。
主力分野である血液分析もわかりやすく説明されています。

JETROJETRO
世界の翼に日本の技を! 欧州航空機産業に挑戦する企業として、
高砂電気工業の取り組みを紹介していただきました。

イプロス キーマンインタビューイプロス キーマンズインタビュー
培地交換を安価に自動化することで、研究者の負担を減らし、働き方改革を実現する
「ポータブル培地交換システム」について取材いただきました。

経営者TIMESリンクバナー経営者TIMES
NASAも注目する流体機器専門メーカーとして、高砂電気の強みや理念、実績とともに、
求める人材像について紹介されています。

Grateful JapanGrateful Japan
カスタマイゼーションで最先端の研究を支える高砂電気の仕事を、「工業製品の匠」として取り上げていただきました。
驚きのプロジェクトの数々も紹介されています。

JETROみんなの試作広場
バルブ製造技術を宇宙に生かす愛知の老舗企業〜愛知の航空宇宙産業④ にて、
弊社が取り組みを続けている航空宇宙分野についてご紹介いただきました!

名古屋就職応援ナビ名古屋就職応援ナビ
“細胞から宇宙まで”をキーワードに、様々な産業分野に流体の制御技術を提供し、世界の先端技術を支える
「高砂電気工業株式会社」で働く社員の声や、社長からのメッセージを掲載しています。


Copyright© Takasago Electric, Inc. All Rights Reserved.