バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールド(マニホールド)・流体制御の専門メーカー 高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー 高砂電気工業へようこそ!

定量吐出ポンプ 標準テスト条件

配管条件(標準テスト配管図参照)

・ 配管用接続チューブには、配管径φ2×φ3のフッ素樹脂チューブを使用する。
・ 配管長さは一次側(IN)が1000mm、二次側(OUT)100mmとする。
・ 流体用のタンクは本製品の下方に設置し、液面から一次側ポート(IN)の高さを500mmとする。
・ 二次側(OUT)配管の先端の高さは水平の位置0mmとする。
・ 設定吐出量により二次側(OUT)の配管先端部に配管径を縮小させるノズルを装着する。(*2)
(*2:吐出を少なく設定した場合、配管径が大きいと表面張力などの影響により1サイクルで液体が吐出しない場合があります。)

吐出量とノズル装着の目安

設定吐出量(mm3)

1050

50100

100以上

使用ノズルの先端径(mm)

0.5

1.5

ノズルなし

 


駆動条件
・ 周囲温度及び流体温度:室温(20℃)で一定とする。
・ 定格電圧を印加。最大動作頻度動作頻度(図面参照)、DUTY CYCLE=50%にて駆動させる。 

 例:型式NRP-500Pの場合、動作頻度2Hz(ON:250ms OFF:250ms)で駆動させる


測定条件
・ 測定用の液体は水を使用する。
・ 連続動作で液体を吐出させ、配管及び製品内部を完全に流体で満たした状態とする。
・ 吐出量の測定は、10サイクルの吐出量を重量法にて測定し、1サイクル当りの吐出量を算出する。


吐出精度の測定
・ 10サイクルの吐出量を10回測定し、平均値を算出する。
・ 10回中の最大値・最小値と平均値の差を求め、平均値との誤差をパーセント表示して吐出量の再現性とする。

 

定量吐出ポンプ一覧はこちら!


お問合せ

2000年01月01日 00:01

トップページへ

 

宙畑リンクバナー宙畑
「下町ロケット in 名古屋」として、国産宇宙バルブへの挑戦を取り上げていただいています。
主力分野である血液分析もわかりやすく説明されています。

JETROJETRO
世界の翼に日本の技を! 欧州航空機産業に挑戦する企業として、
高砂電気工業の取り組みを紹介していただきました。

The ProfessionalThe Professional
社長の浅井が、海外への思いや独自のマーケティングスタイル、そして若者へのメッセージを語っています。

イプロス キーマンインタビューイプロス キーマンズインタビュー
培地交換を安価に自動化することで、研究者の負担を減らし、働き方改革を実現する
「ポータブル培地交換システム」について取材いただきました。

経営者TIMESリンクバナー経営者TIMES
NASAも注目する流体機器専門メーカーとして、高砂電気の強みや理念、実績とともに、
求める人材像について紹介されています。

Grateful JapanGrateful Japan
カスタマイゼーションで最先端の研究を支える高砂電気の仕事を、「工業製品の匠」として取り上げていただきました。
驚きのプロジェクトの数々も紹介されています。

JETROみんなの試作広場
バルブ製造技術を宇宙に生かす愛知の老舗企業〜愛知の航空宇宙産業④ にて、
弊社が取り組みを続けている航空宇宙分野についてご紹介いただきました!

名古屋就職応援ナビ名古屋就職応援ナビ
“細胞から宇宙まで”をキーワードに、様々な産業分野に流体の制御技術を提供し、世界の先端技術を支える
「高砂電気工業株式会社」で働く社員の声や、社長からのメッセージを掲載しています。


Copyright© Takasago Electric, Inc. All Rights Reserved.