CASE

CASENo.3

航空宇宙

「Oasis」プロジェクト実験装置 – NASA(アメリカ国立航空宇宙局)

無重力空間での単層液晶形成及び欠陥発生メカニズム解析装置に、当社小型ポンプが採用。

2015年に国際宇宙ステーション(ISS)で実験された「Oasis」プロジェクトの一環として、地球上では再現が難しい無重力空間での単層液晶形成及び欠陥発生メカニズム解析が行われました。宇宙空間で使える液晶ディスプレイの実現を目指すためです。その実験解析装置に、当社の超小型ポンプ(シリンジ式とチューブ式)が搭載されました。

NASA(アメリカ国立航空宇宙局) 採用事例 高砂電気工業
 

課題と解決

国際宇宙ステーション(ISS)までロケットにて搬送することと、ステーション内の実験用空間が限られていることから極力寸法が小さくて軽量なポンプを探しているということで、2008年から当社にお問い合わせがありました。特に、シリンジポンプは、数回にわたって検証を行い、結果に合わせて仕様を変えていきました。実験装置そのものも、地上実験や航空機を用いた無重力実験など、長期に亘るさまざまな検証を経て、2015年に打ち上げ・実験が成功しました。

 
宇宙実験で使用する機器には、打ち上げコスト削減のため徹底した小型・軽量化が求められます。もちろん、品質や精度も犠牲にはできません。幾度もの検証結果にフレキシブルに対応し、高品質な製品を提供し続けたことに対して高い評価をいただきました。

 
高砂電気工業の小型ポンプラインナップはこちら

CONTACT

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。