バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールド(マニホールド)・流体制御の専門メーカー 高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー 高砂電気工業へようこそ!

ゼロデッドボリューム(ゼロ内部容積構造の電磁弁) (特許取得)

 

【ゼロ内部容積】

内部容積とは、正確にはバルブ内部に受容される流体の全容積を言いますが、特に弁座の周囲(ダイアフラムの下)には弁室と呼ばれるドーナツ状の空間があり、多くの場合この空間の容積が内部容積の大半を占めます。構造的にも弁室部分には流体が滞留しやすく、「デッドボリューム」とも呼ばれます。ここに滞留する流体が、流体の純度・清潔度を低下させる場合があり、分析精度の低下等の問題が発生します。小社は弁室の容積をゼロにし、液溜まりを極限まで減らしたゼロ内部容積構造を開発、改良を経て製品化しました。


【ゼロ内部容積構造の長所】

 zero1.gif

・液体がバルブ内に溜まりにくくなり、クロスコンタミネーションによる純度の低下を防ぎます。また、洗浄性も大幅に向上しました。
バルブ内部の総容積が大幅に減少したため、試薬・サンプルの量を少なくできます。
・滞留箇所が無くなったので気泡を排出し易くなりました。
・シール部分にはテフロンと同等の耐食性を持つ弾性素材パーフロ(ダイキン工業(株)製パーフルオロエラストマー)を使用しています。これにより、異物噛み込みの傷によるリークを防止する効果も持ち合わせます。

 

【ゼロ内部容積の短所】

パーフロの弾性余効により通電時間が長いと流量に若干の減少が見られます。

電磁弁の内部容積の分析精度に対する影響
ゼロ内部容積構造をガスクロマトグラフの濃縮装置に使用した場合の分析結果です。分析精度が向上されていることが分かります。

 


【ゼロ内部容積構造ダイアフラムバルブ対応機種】

STVシリーズ(2方弁のみ)
MTVシリーズ
MLVシリーズ



【内部容積比較(MTVシリーズ)】

ゼロデッドポリューム.png

ゼロ内部容積型の内部容積は、バルブ内の必要不可欠な流路部分の容積のみから構成されています。

 

お問合せ

2000年01月01日 06:01

トップページへ