バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールド(マニホールド)・流体制御の専門メーカー 高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー 高砂電気工業へようこそ!

定量吐出ポンプ その他、吐出量に影響を与えうる項目

 気泡の発生
継手などの配管部から漏れたり、流体に溶け込んでいる気体が気泡に変化したりして、本製品及び配管内部に気泡が発生する場合があります。
気泡の発生は吐出量の減少、再現性の悪化につながるので、使用する流体は脱気することをお勧めします。

 

長時間放置後の駆動
本製品を長時間放置した場合、設定されていた吐出量が変化したり、再現性が悪化することがあります。
これらの原因には、以下のことが考えられます。
接液部に用いているゴム部品が固くなる。
流体の種類によってはチェックバルブの開口部の固着が起こる。
本製品内部、配管内の流体に気泡が発生している。
これらの現象は、数回、空運転などで初期状態に復帰することがあります。長期間動作させないときは、本製品内の流体を抜いて保存することをお勧めします。

 

軟質チューブによる配管
配管にシリコーンチューブなどの軟質系チューブを使用の場合、本製品が発生させる吸引、吐出圧力が軟質チューブの弾性により吸収されてしまう可能性があります。その場合、吐出量、再現性に悪影響を与える場合があります。フッ素樹脂チューブなどの硬質系チューブを配管に使用することをお勧めします。

また、上記項目以外にも吐出量、再現性などに与える影響があります。
不明な点はお問い合わせください。

 

定量吐出ポンプ一覧はこちら!

 

お問合せ


2000年01月01日 00:01

トップページへ