バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールド(マニホールド)・流体制御の専門メーカー 高砂電気工業株式会社

バルブ・ポンプ・マニフォールドの専門メーカー 高砂電気工業へようこそ!

定量吐出ポンプ 動作頻度が再現性に与える影響

動作頻度の変化は、吐出量、再現性に影響を与えます。動作頻度が図面仕様値より速い場合、再現性が悪化します。動作頻度を変化させ、再現性の変化を測定した例を以下の表に示します。


測定型式:NRP-500P
測定条件:動作頻度2Hz時、吐出量を500mm3に設定(以下の条件以外は標準テスト条件に従う)

動作頻度と再現性の変化実測例

動作頻度

再現性

5Hz

+5.88%

-7.00%

3.3HZ

+5.08%

-2.39%

2Hz
(図面使用値)

+0.09%

-0.28%

1.7Hz

+0.09%

-0.09%

1.3Hz

+0.07%

-0.09%

1Hz

+0.10%

-0.10%

手動操作
(単発吐出)

+0.12%

-0.25%

 

(再現性 上段:最大値誤差 下段:最小値誤差)

 

定量吐出ポンプ一覧はこちら!


お問合せ

2000年01月01日 00:01

トップページへ